So-net無料ブログ作成

二重まぶた手術のリスクとトラブル [手術]




手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 ~彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術

pic006.jpg



今回は“二重まぶた”の手術についてです^^ ご覧下さい♪


二重まぶたにする方法はいくつかあります。

特に実際に体に傷をつける手術では、理想の二重にならなかった時のリスクは大きいと言えます。


どんなに事前にしっかりと打ち合わせをしてコンピューターでシミュレーションしても、やはり人間の体ですから100%シミュレーション通りにはいかない場合もあります。

もちろん、再度手術を受けることでより理想に近い状態にすることは出来ますが、多大な手術料が必要となります。


失敗例の一つとして、目頭切開法の場合をご紹介します。

目頭切開法とは、目頭を数ミリ切開することで、目を大きく見せることのできる手術です。

通常は2か月ほどで傷も目立たなくなり目が大きく見えますが、ある女性の場合は、目がつり目の状態のまま元に戻りませんでした。

医師の説明では、初めはつり目になるが自然に目が開いてきてなくなるとの説明でしたが戻りませんでした。

この女性はこの手術をとても後悔しています。

医師からは再手術を提案されましたが、怖くてもう2度と手術はしたくないと感じたそうです。


このような大きな効果のあるものは、大きなリスクも伴います。

トラブルに見舞われる前に、二重まぶた手術のメリット・デメリットをしっかりと理解し、自分の後悔のないものにする必要があります。


また、最近では手術をしなくても二重まぶたになる方法がたくさんあります。

これらの方法を実際に試してみて、検討してから手術のリスクやトラブルも考えることも重要です。




手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 ~彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。